世界各地で絶賛の嵐!第一次世界大戦時の実話を描いた心温まるクリスマスストーリー

今からちょうど100年前、世界は第一次世界大戦真っ只中でした。今回は当時の実話を元に制作され、ただいま世界中を感動の渦に包み込んでいるクリスマスにまつわる映像をご紹介します。

第一次世界大戦下のクリスマスイブが物語の舞台

舞台は、1914年第一次世界大戦。イギリス軍とドイツ軍はそれぞれの陣営に分かれ、緊迫した戦場でクリスマスイブ当日を迎えます。

英軍陣営では家族からの便りが届き、一人の兵士は妻の写真とチョコレートを手にします。一方の独軍陣営では、クッキーを手にした一人の兵士。

粉雪が舞う夜、どちらの陣営からも「きよしこの夜」を歌う兵士たちの歌声が鳴り響きます。

勇気ある英軍兵士が陣営から飛び出す

クリスマス当日の朝。一瞬の油断も許されない戦時下において、一人の英軍兵士が英軍陣営から飛び出し、独軍陣営に向かって歩き出します。独軍は敵の出現に即座に銃を構えます。


一瞬の緊迫の後、今度は独軍からも両手を挙げた兵士が飛び出し、英軍陣営に向かって歩き出します。

気づけは二人の後に両軍の兵士が続いており、二人の兵士をはじめ、両軍兵士が握手を交わ出したのです。

敵味方なく、両軍で祝うクリスマス

両軍共に軍服を脱ぎ捨て、フットボールで交流し、兵士たちは笑顔を見せます。

しかし、平和な時間は長くは続きません。遠くで銃声がなり、両軍は再び自分たちの陣営へ戻らなければならなくなります。

別れ際に英軍兵士が、独軍兵士に自分の軍服を贈り、両者は「メリークリスマス」との挨拶を最後に互いに背を向けます。

クリスマスを分かち合った二人の兵士

独軍陣営に戻った兵士は、英軍兵士から手渡された軍服にチョコレートが入っていることに気づきます。

そして英軍兵士も、独軍兵士からクッキーが贈られたことを知ります。

戦時下でお互いのプレゼントを分かち合った二人の兵士。“Christmas is for Sharing”(クリスマスには互いに分かち合おう)とのメッセージで締めくくられた心温まるストーリーでした。

この動画を制作したイギリスのスーパーマーケットチェーン・Sainsbury’sでは、英軍が贈ったチョコレートを実際に販売しており、チョコレートの売り上げは全て、動画制作にも協力した軍人をサポートするチャリティー機関・Royal British Legionに寄付されるそうです。

公開から1週間で970万回以上再生されるなど多くの注目を集めているストーリーをぜひご覧ください。

(参考サイト:YouTube)

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 流通 Sainsbury's 2014.11.20
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook