プロゲーマーときど氏に密着!「アバルト」の挑戦&テクニックをテーマにしたWeb動画

イタリアのアバルト、アルファロメオ、フィアット、アメリカのジープといった輸入車を販売し、海外ブランドとして確固たる地位を築いてきたFCAジャパン株式会社が、『The SCORPION SPIRIT 2020』シリーズの第二弾を公開しました。このプロジェクトは、アバルト(ABARTH)の魅力を広く伝えるために、ブランドコンセプトでもある『挑戦 – CHALLENGE』というテーマのもと、「パフォーマンス」、「テクニック」、「スタイル」、「サウンド」と異なる視点からアプローチするというもの。ファッション・広告の分野で幅広く活躍しているフォトグラファー・KEI OGATA(ケイ オガタ)氏を起用し、Webムービーを全四編にわたり展開していくそうです。今回は、その中から「テクニック」の象徴としてプロゲーマーのときど氏に密着したWebムービー「己の道に、挑み続ける。」篇をご紹介いたします。

eスポーツ界を牽引するときど氏

ラスベガスで開催された世界最大大会EVO2017「トリートファイターⅤ」部門、グランドファイナル。白熱したゲーム展開に、解説者たちが大興奮で声を上げています。

ゲームを自在に操作する卓越したテクニック。ときどさんの手が操る『豪鬼』は、戦いの末に見事K.O.勝ちし、その場にいた人々が歓喜の声を上げています。

東大卒のプロゲーマーとして注目を集め、eスポーツ界を牽引するときど氏。冷徹なプレイと表情が特徴で、数々の世界大会で優勝経験をもつプレイヤーです。そんなときど氏にとって、「挑戦」は「生きる」ことなのだそう。

己の道に、挑み続ける

ときど氏は、最高の試合をするために1日7時間ほど練習し、週3日はジムで筋トレや空手で鍛えていると、同社のインタビューに答えています。

「何をもって生きているのか、何をもってゲームをしているか、画面に表現されているので、それが本当に面白いなって思いますね。」…こうした言葉から、彼のゲームに対する並々ならぬ想いが感じとれます。

そして映像は、様々な角度から試合の様子を撮影し、ときど氏の真剣な表情や、この場の張り詰めた空気、トリートファイターⅤならではの世界観など、多くの情報を伝えていきます。

さらにカメラは、ときど氏のゲーム中の目にも接近。普段から目の動きのトレーニングをしていると公言しているとおり、試合中も素早く目を動かし、様々な方向を見ていることがわかります。

そんな「勝ち」にこだわるときど氏ですが、周りのプレイヤーたちの存在を大切に思う一面も。「やっぱり心強い仲間になりますよね。」と話しています。

海外での優勝はトップクラスとはいえ、それでも「僕より強い人たちが、まだいる状況が許せない」と話すときど氏。そして映像は、「己の道に、挑み続ける。」という言葉とABARTH(アバルト)のロゴで締めくくりました。

現在、第一線で活躍するプレイヤーに密着し、ABARTHのブランドテーマ『挑戦 – CHALLENGE』を伝えているこの事例。創設者カルロ・アバルトの情熱と技術によって、レースシーンを席巻したというブランドの歴史と重なるように、さらなる高みへと挑み続けるときど氏の姿に胸が熱くなるWebムービーでした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 自動車・バイク FCAジャパン 2020.07.29
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook