東大発ベンチャーが日本初&世界4例目のサンゴの人工産卵に挑戦!参加型ライブ配信も

水環境の移送技術におけるリーディングカンパニーとして2019年に設立された株式会社イノカ。東京大学出身の高倉葉太さんがCEOを務める同社が、2020年5月25日よりサンゴを人工的に産卵させる実験に挑戦すると共に、オンラインでのライブ配信をスタートさせました。サンゴの産卵は、満月の夜の前後2週間に一斉にはじまりますが、それはまるで満天の星空のように神秘的な光景…。しかし、それがいつ始まるか分からないため、水槽の映像を24時間ライブ配信して参加者の目も借りながら、産卵の予兆を見つけることにしたそうです。世界中の人々と奇跡の瞬間を見届けられるなんて、とてもワクワクする企画ですよね。そこで今回は、「#サンゴ産卵の予感 を見つけてください!」と呼びかける説明動画をご紹介いたします。

産卵の予兆を見つけよう

まず画面に出てきたのは、東京サンゴ礁化計画WEBサイトのページ。オンライン公開に参加するには、まずこちらにアクセスしましょう。

そのページを開くと、ライブ配信中の映像が出てきます。左側が水槽全体の様子。右側がサンゴのアップを映した映像です。(現在は画面比率を変えて、サンゴがより見やすいよう大きく表示されているようです。)

サンゴが産卵する可能性があるのは、19:00から24:00。その間、もしサンゴの表面に丸いタマゴが現れているのを見つけたら…

ライブ配信の下にある「EMERGENCY」と書かれた赤いボタンを押して、ツイートしてください!すると…

サンゴ産卵の予感。結果は…!?

水槽についたランプが光り、静寂な部屋にアラート音が鳴り響きます。

急いで駆けつけるチームメンバーたち。真剣な表情で水槽の中を覗いています。そして、メンバーの一人が画用紙を持って、ライブ配信中の画面に向かいます。ここでもしタマゴがあった場合は…

「ありました!!」と書かれたページを見せて、ハイテンションで盛り上がるメンバーたち。ここからは、配信を見ている世界中の参加者たちと共に、サンゴの産卵を楽しむそうです。

そして、もしサンゴ産卵の予兆が見つけられなかった場合は、「ありません!誤報!!」と書かれたページを見せ、クールに立ち去ります。メンバーたちも「あ~」と残念そう。こんなラフな感じの雰囲気も、なんだか見ていて楽しいですよね。

1分弱という短い動画の中に、必要な情報をシンプルにまとめてるこの事例。凝った演出や編集はないものの、わかりやすい説明や親しみやすい雰囲気、そして何よりサンゴの産卵を世界中から見届けるという企画の面白さによって、とても惹きつけられる内容になっていると感じました。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 自然・環境 イノカ 2020.06.15
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook