アンドロイドと人類が協奏!? 「5G」の速さを表現した『爆奏オーケストラ』公開!

NTTドコモが、第5世代移動通信システム「5G」の速さを象徴的に表現したスペシャル動画『爆奏オーケストラ』を公開しました。オーケストラの指揮者には、なんと人工知能(AI)を搭載したアンドロイド指揮者「オルタ3」を起用。3G、4G、そして5Gそれぞれをイメージした速さで、『G線上のアリア』を演奏していきます。「オルタ3」の指揮に振り回されるオーケストラの皆さんのリアルな反応にもぜひご注目ください。

アンドロイド指揮者「オルタ3」

機械がむき出しのアンドロイド「オルタ3」。暗闇の中で光るその姿は、独特の存在感を放っています。すると次の瞬間、コンサート会場の開演ブザーが鳴り、続々とステージに向かうオーケストラの足元が映し出されました。メンバーたちは、早速チューニングを始めます。

これから行われるのは、アンドロイドと人類による、モバイル通信の進化を奏でる演奏会。オーケストラの傍らで見守る関係者のモニターには、3G回線と表示されています。

そして、その演奏会で指揮者を務めるのが「オルタ3」。あらゆる分野のパイオニアが開発に携わったアンドロイドで、専門家の英知の集結によって指揮技術を習得したそう。一体、どんな指揮を見せてくれるのでしょうか。

オーケストラがチューニングを終えると、その様子を見渡す「オルタ3」。静寂の中、「オルタ3」が手を上げると、オーケストラも一斉に、楽器を持って構えました。

進化していく『G線上のアリア』

ところが…

はじまった演奏は全く揃わず、お世辞にも上手いとは言えません。それもそのはず、3G回線で動く「オルタ3」の指揮はあまりにも遅すぎて、オーケストラは困惑するばかり。特に管楽器のメンバーは、息が続かず苦しそうです。

しかし、4G回線に切り替わると、「オルタ3」の指揮も『G線上のアリア』に適したスピードに。オーケストラの面々も落ち着きを取り戻し、本来の力を発揮するように、優雅な音色を奏でています。

さらに、5G回線になるとスピードが一気に加速。同じ曲とは思えないほど、躍動感にあふれた演奏に切り替わりました。オーケストラの面々にも笑みがこぼれ、楽しく演奏している様子が伝わってきます。

「私たちの限界が、その時代のベストであるために。スピードに着実な進化を」というナレーションのとおり、5Gの分野に積極的に取り組んできたNTTドコモ。今回のスペシャル動画はとてもインパクトのある内容で、5Gの凄さが迫るように伝わってきましたね。このダイナミックな演奏を見たワクワク感が、企業への期待感にも繋がっていきそうな事例でした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 企業向けシステム・通信・機器 docomo 2020.03.12
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook