ヨシモト∞ホール「月刊芸人SHIBUYA」3時のヒロインのインタビュー動画

ヨシモト∞ホールから発行されている「月刊芸人SHIBUYA」をご存じですか?毎月1組の芸人を巻頭特集する他、人気芸人のお気に入り渋谷スポットや、先輩芸人がおススメする未来のスター紹介などが掲載されているフリーペーパーなんだそう。そんな月刊芸人SHIBUYA」では、動画企画「BEHIND THE STAGE」も展開中!今回は、3月号で表紙と巻頭インタビューを飾る「3時のヒロイン」にスポットを当て、ステージ映像も交えたインタビュー動画をご紹介します。

三者三様のキャラクター

まるで大事件が起こりそうなドラマチックな音楽と共に、ヨシモト∞ホールが映し出されました。

今回の主役は、女性芸人のみのネタの大会『the W』の3代目チャンピオンに輝いた「3時のヒロイン」。雑誌の撮影中でしょうか。ゆめっちさん、福田麻貴さん、かなでさんが渋谷の歩道橋に立ち、まるでモデルのようにかっこよくポーズを決めています。

そして、彼女たちへのインタビューがはじまりました。「女芸人の大会で優勝したんですけども、絶対に奢りを持たないという、そこだけは一つ決めて。頑張ろうという気持ちです」と話す福田さん。冷静な口調でお笑いに対する信念を語っていきます。

続いて、「優勝してから、今まで見ていたテレビのお仕事がバンバン、ほぼ毎日入っていて。充実させていただいています!」と、興奮気味に話すゆめっちさん。実際に、今では街を歩くたびに、すぐに気づかれてキャーキャー騒がれてしまう存在に。3人はとても嬉しそうに手を振り返しており、気さくな人柄が伝わってきます。

一方、かなでさんは「最初のほうはむちゃくちゃ緊張してたんですけど、今はネタは楽しいです」と言いつつ、まだ少ししどろもどろ。そんな彼女の様子を察して、すかさず福田さんが「今もちょっと緊張してる?」とツッコミを入れるなど、息の合った関係性が垣間見えます。

『the W』に賭けた想い

さらに、「私たちが結成した年に『the W』が始まっているので」「1年目の準決勝敗退で、2年目も準決勝敗退で。悔しさが残ったんで月一で新ネタを3本下ろすことにして。でも、そこで確実に“ネタ”っていうものはつかめたかなっていうのはあります」と話す福田さん。

福田さんが話すように、ヨシモト∞ホールでは「3時のヒロイン」のネタで大笑いするお客さんたちの姿が…。『the W』の3代目チャンピオンに輝くまでには、たくさんの努力と日々の積み重ねがあったことが伝わってきます。

一方、ゆめっちさんは「パワーパフガールズ」みたいに、海外アニメにマジでみんな出てきそうって感じっていうのは、テレビとかで見てても思いますね。なんかポップやなぁと…」と自画自賛。

「ずっと自画自賛やん、ゆめっちだけが」と福田さんからつっこまれ、お笑いする3人。最後は、男性芸人に認められたいという福田さんが「打ち負かしたいですね、男を」とカッコイイ発言をしてインタビューは終了しました。

映像という特性を生かし、インタビューだけでなく彼女たちの表と裏の様子を盛り込むことで、「3時のヒロイン」の魅力を多角的に伝えているこの事例。三者三様のキャラクターやバランスの良い関係性、ポップで親しみやすいビジュアル、お笑いに対する意気込みなどが短い時間の中に盛り込まれ、ファンのみならず見に来た人を惹きつける作品だと感じました。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 エンタテイメント 吉本興業 2020.03.11
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook