新生活の“はじめて”を応援!学生会館Dormyのアニメ動画『気づけばできてた。』

学生会館Dormyという名称で全国に学生寮を展開する共立メンテナンスが、初めて新生活する学生さんとその家族に向けて、スペシャルアニメ動画『気づけばできてた。』を公開しました。これまで実家を出たことがない学生にとって、“はじめて”がいっぱいの新生活は、楽しみだけでなく不安が付きもの。また、ずっと育ててきたわが子を送り出すご両親も心配ですよね。このアニメ動画は、思わずほっこりするような物語とイラストでそんな方々の心に寄り添い、同社の学生寮なら新生活を応援できる環境があることを伝えています。

いつも「はじめてマン」がそばにいた

この物語のタイトルは『はじめてマン』。

あるく、しゃべる、文字を書く…。私たちは、気づけばできるようになっていたことが沢山ありますよね。

今まで数えきれないほどの“はじめて”を経験してきた私たち。この動画では、そんな“はじめて”のそばには、いつも「はじめてマン」というスペシャルキャラクターがいて、知らないうちに見守られていたと表現しています。

はじめて「こんにちは」と言ったとき、はじめて海に入ったとき、はじめてサンタを疑ったとき…。主人公の女の子の成長を、いつもあたたかく応援してきた「はじめてマン」。そのゆるい風貌と優しいキャラクターに、視聴者はだんだんと惹きつけられていきます。

やがて、赤ちゃんから女の子、そして大人の女性へと成長していく主人公。はじめて中学校でお弁当を食べたときも、はじめて受験に合格したときも、はじめて人生に悩んだときも、「はじめてマン」は見守ってくれていました。

新生活は“はじめて”ばかり

そしていよいよ、はじめての一人暮らし。慣れ親しんだ地元を離れ、一人で新天地へと向かいます。

「はじめてマン」は、主人公を見送りながらセンチメンタルな気分に。これまで見守ってきた数々の“はじめて”を思い出します。その気持ちがやがて、主人公のご両親の気持ちと重なりました。

主人公がこれから遭遇するであろう“はじめて”の学校、家事、自炊、新しい友達、サークル、バイト…。考えてみると、新生活は本当に“はじめて”でいっぱいです。思わず両親も、心配ばかり浮かんでしまっている様子。果たしてこのままで上手く“子ばなれ”できるのでしょうか…。

でも、学生会館Dormy(ドーミー)でなら、“はじめて”のコツがつまっているので、これから学生を送り出す親にとっても安心。例えば朝夕2食の食事付きで、生活に必要な家具・備品が備え付けてあるので、栄養面や経済面の心配もかなり減りそうです。そして、「新生活の“はじめて”が上手くいけば、きっとたくさんのことが、気づけばできているのではないでしょうか」というメッセージは、長年にわたり学生寮を運営しているからこそ、学生や親の心理をよく理解している言葉だと感じました。押しつけがましさとは正反対の、心に寄り添うようなアニメーションが魅力的なPR事例でした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 住宅・建築・建設 共立メンテナンス 2020.02.21
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook