山崎まさよし、近鉄の観光特急「しまかぜ」で伊勢志摩の旅へ。新CM書き下ろし曲も。

シンガーソングライターの山崎まさよしさんが、近畿日本鉄道のTVCMシリーズ「語りたくなる、伊勢志摩。」の第二弾に出演しています。第一弾では、春の伊勢神宮を訪れた山崎さん。今回は、近鉄の観光特急「しまかぜ」に乗って、鳥羽・志摩へと足をのばします。

「しまかぜ」に乗って

朝の空気が清々しいある日のこと。山崎さんは、近鉄の観光特急「しまかぜ」に乗って、鳥羽・志摩へと向かっています。

冒頭から流れる音楽は、このCMのために書き下ろした楽曲「回想電車」。山崎さんは、インタビューで電車の旅の魅力を聞かれ「移動の中で色々な“想い”だったりを回想することによって、自分が深まるというか。すごくロマンは感じますよね。」と話していました。どうやらこの曲にも、そんな想いが込められているようです。

標高140メートルの高さから、伊勢志摩国立公園の雄大な景色が一望できる「横山展望台」についた山崎さん。海と木々が混ざり合う英虞湾(あごわん)の美しい風景を見て、大きな伸びをしています。

すると、近くのいた観光客の方々でしょうか。嬉しそうに山崎さんの周りに集まり、写真撮影がはじまりました。さすがは人気者!自然体でとても気さくな人柄も素敵ですね。

伊勢志摩ならではの出会い

その後、志摩観光ホテルのカフェ&ワインバー「リアン」に訪れた山崎さん。

カウンターバーでマスターらしき人とおしゃべりしながら、すっかり寛いでいるようです。この大きな梁と吹き抜けが特徴の建物は、昭和を代表する建築家・村野藤吾氏が設計したもの。G7伊勢志摩サミット2016の会場にもなり、話題となりました。

続いて山崎さんは、海女小屋「はちまんかまど」へ。早速、体験施設の前で顔出しパネルを見つけ、おどけた表情を見せています。

この海女小屋では、現役海女さんたちと触れ合うことができるそう。中に入ると、海女さんたちが伊勢海老やアワビなどの海の幸を目の前で焼いてくれたり、一緒に踊りを踊ったり…。皆さんと会話するうちに、山崎さんもどんどんリラックスしてきた様子。本当にとても楽しそうですよね。

この旅をとおして、「海沿いであって山があってっていう…なかなか味わえないというか。来てみないとわからないっていう。すごくいい時間ですよ。」と話していた山崎さん。こんな風に、旅先でとても素敵な体験をすると、人は自然と語りたくなるものですよね。近畿日本鉄道の新CM「語りたくなる、伊勢志摩。(2019秋 鳥羽・志摩編) 」でした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 交通・運輸・輸送 近畿日本鉄道 2019.09.09
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook