カナダ航空会社が南の島でサプライズ!一生の思い出に残る、素敵なプロポーズ大作戦

大抵の人にとってプロポーズは一生に一度。シンプルに気持ちを伝える派もいれば、凝った演出をする人もいるでしょう。カナダの航空会社WestJetでは、プロポーズをしようとしている男性2人に声をかけ、バルバドス島でのプロポーズを提案。さて、彼らの行く末はいかに?

エンゲージリングを買いに行くと…

2014年11月某日。マイケル・ヒルにあるジュエリーショップに来店した2人の男性。彼らは2人ともエンゲージリングを購入します。WestJetの仕掛け人が直接声をかけ、「バルバドスでプロポーズをするという企画に参加しないか」と尋ねると、二人とも快諾。

仕掛け人次第で決まるプロポーズのタイミング

バルバドスに到着した2カップル。1組目がJPとステファニー。2組目はマイクとヘザー。JPが買った指輪も、マイクが買った指輪も仕掛け人の男性が預かっていて、プロポーズのタイミングは仕掛け人が決められることになっています。だから、仕掛け人が現れる度にJPもマイクもドキドキ。

今か今か?とその瞬間が来るのを待つ彼氏たち

また、洞穴ツアーに参加した後、泥だらけの状態で出て来たマイクとヘザーを待ち受ける仕掛け人。「君たちに差し上げたいものが…」と仕掛け人。

心の準備はいい?行くよ?

もちろん、マイクの方は今度こそ絶対指輪だろうと思って緊張の面持ちです。彼女の方は何かしら?と目を輝かせます。しかし出てきたのは指輪ではなく、ウェットティッシュ。マイクはプロポーズの瞬間でなかったことに、ホッと胸をなでおろします。

突然訪れる運命の時

そして運命の時は突然訪れます。山の中に作られたアスレチックのロープウェイを体験するJPとステファニー。先にたどり着いたJPを待ち受けていた仕掛け人の男性は、おもむろに胸元からエンゲージリングの小箱を取り出します。

予想外だったJPは一瞬驚くものの、小箱を受け取って心の準備をします。そこへ彼女のステファニーがロープウェイで到着。ひざまずいて小箱を開けるJP。

僕と結婚してくれますか?

もう一組のカップル、マイクとヘザーのプロポーズはある岬で。海を眺めながらの感動的なプロポーズです。ひざまずいて小箱を開けるマイク。

僕と結婚してくれますか?

こうして、二組のカップルともにプロポーズは大成功。

確かに「忘れられない思い出になること間違いなし」のプロポーズではないでしょうか。見ている方も幸せな気分になれる、素敵なサプライズですね。

(参考サイト:YouTube

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 交通・運輸・輸送 WestJet 2015.02.27
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook