名作「クリスマスキャロル」をモチーフにした、カナダ家電量販店のCMが面白い

ディケンズの名作小説「クリスマスキャロル」。この時期になるとメディアなどで取り上げられ、目にすることも多いのではないでしょうか?

大変な守銭奴である主人公のスクルージが、3人の幽霊によって、過去・現在・未来の自分の姿を見させられていくうちに改心していく、という物語。その「クリスマスキャロル」をモチーフにしたカナダの家電量販店The SourceのCMが面白いと評判です。

どこからともなく少年の声が…

机に向かって書き物をするスクルージ。ふと気づくと、どこからかラップの歌声が聞こえてきます。気になったスクルージは立ち上がり窓を開けに行きます。窓の外を見ると、そこには少年の姿。

上から少年に声をかけるスクルージ。「君がつけているそれは何…?」

「ビーツ・バイ・ドクタードレですけど」と答える少年。それを聞いたスクルージは「まさにそれが私の欲しかったものだ!!」と独り言を言います。


入ってきたのは…幽霊ではなく、店員?

部屋の扉が開く気配で後ろを振り向いたスクルージ。するとそこには…?
幽霊は幽霊でも、量販店の店員の幽霊が…。

「私は幽霊。クリスマスプレゼントを渡しにやってきました」と店員。「まずはワイヤレスヘッドフォン。このほかにタブレットとスマートフォンも」次々に手渡していきます。「奇跡だ」と驚きながらも大喜びのスクルージ。


すると店員が一言。

あなたの眉毛の方が奇跡です。

それを聞いたスクルージは呆然とします。少し不服そう…。

次のシーンで、クリスマスギフトにお勧めの商品が紹介されて映像はフィナーレ。

「それが私の欲しいもの」というキャッチコピーを掲げるこのお店。本家本元のクリスマスキャロルとは大幅に違いますが、中々ウィットが効いています。

(参考サイト:YouTube

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 流通 The Source 2014.11.25
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook