刑事、山田孝之があやふやなアカペラを熱唱!甚だしい勘違いに小栗旬が便乗するも…。

小栗旬さんと山田孝之さんがナイスコンビで出演する富士通のコマーシャル。「読めない刑事」というタイトルがついた本編では、おとぼけな山田さんを小栗さんが懸命にフォローします。がしかし、それは大きな勘違いだったようで…。

「なんだよ、コレ!」

「ネットに情報が漏れてる。」と、小栗刑事。

「読めない。」

と、山田刑事。小栗刑事も「ああ。出所がまったく読めない。」と同調。しかし山田刑事は「いや、文字が小さくて読めない。」と返答します(汗)。

たしかに、この文字は見づらい!スマホの文字って読みにくいですよね。

「大将、これ読めます?」と振ってみても、大将もさっぱりです。

そこで小栗刑事は、指1本で画面を拡大。文字がとっても見やすくなりました。

「おお!読みやすい。」

と喜ぶ、山田刑事。


「え?AI!?歌手の?」

「そう、歌手の。」

いや、違うでしょ(笑)。

「あの、アレだよね。」

「すごい有名な歌。あの…」と山田刑事がAIの曲を手探りに、♪ ララララ~ ♪とアカペラで歌いだします。しかし思い出せない…。

大将に聞いてみるも、さっぱり。

抑揚が上がるのが下がるのかで悶々とする刑事たち。富士通 arrows CM割れない刑事「読めない刑事篇」でした。

武骨に見えてお茶目な山田刑事と、しっかり寄り添う小栗刑事。2人の息がピッタリ、コミカルな演技をどうぞお見逃しなく!

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 デジタル製品・家電 富士通 2018.02.05
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook