懐かしきトレンディドラマの“あるある”を映像化した「iMUSE」Web限定動画

キリン、小岩井乳業、協和発酵バイオの3社共同で生み出したブランド「iMUSE」(イミューズ)が公開中のWeb限定動画「トレンディの法則」が、「懐かしい」「カラオケ映像のようだ」「おもしろい」と評判になっています。

トレンディドラマあるある

今見ると古めかしいバブル時代のトレンディドラマの演出を徹底分析!まずは主人公カップルの出会いから。急ぎ足の男女がすれ違いざまにぶつかり、書類が散らばってしまいます。お互い、相手が悪いと責め合うという最悪な出会いになってしまいました。

1

なぜかその日に運命的な再会を果たす2人。そうでもしないと、ドラマは進んでいきません。

2

個性的な7人のメンバー

プレイボーイやちょっととがった服装の女子など、やけに個性の強いメンバーが勢ぞろい。これぞ、トレンディ!

3

そんな7人が集まると、最初は楽しい時間が過ぎていくものの、突然誰かがキレて帰ってしまうというハプニングもたびたび起こります。

4

恋愛のスタイル

公衆の面前で「ひーろしっ!」「な~んだよ!」といちゃつく2人。しまいには彼女が「すきーっ!」と絶叫。

5

なぜそんな叫ばなければならないかというと、2人の距離が10メートルもあるからなのです。

6

そんなラブラブな2人の間にも暗雲が立ち込めることが。ショックを受けて女性が思わず床に落としてしまった買い物袋の中には、「iMUSE」が入っていました。ここでちゃんと商品の宣伝もしています!

7

彼と他の女性との密会に遭遇してしまったのです。そんな間の悪さも、トレンディドラマに欠かせないスパイス。

8

絶滅危惧の電話ボックス

携帯電話の普及により、今やめったに見かけなくなった電話ボックスも、トレンディドラマには頻繁に登場しました。涙を流し、崩れ落ちるというシーンも今となっては新鮮です。

9

愛と絆を深めるエンディングへ

傘を差しては意味がありません。土砂降りの中、愛のために走るのが美徳のトレンディドラマ。

10

彼女のもとにたどり着き呼び掛けると、彼女は彼の胸に飛び込んでいきました。そして最高潮に盛り上がる、感動の人力メリーゴーラウンドでハッピーエンディングを迎えます。

11

輝く毎日のために

こうして約30年前を想定したトレンディドラマを振り返ってみると、あの時代は「毎日が輝いていた」のが想像できますね。「iMUSE」はこれからも「もっともっと輝くために」とのキャッチコピーを掲げ、様々な種類の商品を販売しています。

12

まるで本当に30年以上前に撮影されたものでは…と思うほど忠実にトレンディドラマを再現&分析した「iMUSE」のWeb限定動画でした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 食品・飲料 キリンビバレッジ 2018.01.10
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook