松坂桃李が本格芋焼酎・霧島で『だれやめ』をオススメ。その言葉の意味とは?

霧島酒造の本格芋焼酎「霧島」のイメージキャラクターを務める松坂桃李さんが、CMで「だれやめ」に挑戦!耳新しい言葉「だれやめ」とは何を指すのでしょうか。

「だれやめ」を満喫中

小料理屋で「だれやめ」中の松坂さん。霧島酒造の本社・宮崎を含む南九州では、「一日の疲れを晩酌でリセットする」ことを「だれやめ」と言うのだそうです。「だれ」は疲れ、「やめ」は止めるを意味します。

1

よく飲み、よく食べ、よく笑い…。

2

思う存分に「だれやめ」を楽しむお客さんたちのことを、松坂さんは微笑ましく見つめています。

3

自分のペースで「だれやめ」

お客さんたちの楽しそうな様子に、松坂さんも自分だけの「だれやめ」をじっくりと楽しむことにしました。

4

手酌で「だれやめ、だれやめ」と唱えながら「霧島」をグラスに注ぎます。

5

「今日のご褒美」として「霧島」をロックで。昔は外での農作業の後に、身体を温める燗やお湯割りでお酒を飲み、仕事の疲れを解消していたそうです。現在の「だれやめ」はお湯割りはもちろん、ロックも主流に。

6

「霧島」は「Let’sだれやめ」を掲げ、キャンペーンを開催中です。松坂さんに会えるイベントへの参加の可能性もアリ!

7

おそらく南九州以外では初めて聞く言葉「だれやめ」。松坂さんが連呼しながら「霧島」を飲む姿が印象的で、「だれやめ」が耳に残るCMでした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 食品・飲料 霧島酒造 2017.11.17
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook