ケイティ・ペリー、投票所でパジャマを脱ぎ捨て全裸に!米大統領選投票キャンペーン動画

歌手のケイティ・ペリーが、セレブリティならではの絶大な影響力を活かし、若い世代にアメリカ大統領選への投票を呼びかけています。その動画がこちらです。

待ちに待った投票日

大統領選が行われる11月8日にしっかりマーク。

0

10時のアラームで目覚めました。アメリカ国旗のマークのパジャマで寝ているとは、さすが愛国家のケイティです。

1

どんな格好だってオーケー

髪の毛は爆発、ポップコーンやキャンディが絡みついた起きたての格好で投票所へGO!ケイティ曰く、「投票の規定をサラッと読んだけど、民主主義の下、服装なんて関係なく投票できるのよ」とのこと。

1-2

確かに投票の列に並んでいる人の中には、明らかに寝起き姿の人がチラホラ。

replace

みんながみんな、パジャマで寝ているわけではないのは当然。それぞれの「おやすみスタイル」が集結したかのようです。たとえばこちらのマッチョマンは子ども用ブリーフ一丁で登場。

2

銀行の粗品のTシャツ1枚でだって問題ナシ!

add

ケイティの「おやすみスタイル」は?

時には全裸で寝るというケイティがパジャマを脱ぎ捨てました。それは問題…アリでしょう。

4

呆気なく御用に

警官が駆けつけ、手錠を掛けられてしまったケイティは「私には全裸で投票する権利がある!」と主張しますが、そんな権利はありませんでした。規約を流し読みしたのがアダになったようです。

5

お仲間発見

パトカーの後部席には先客がいました。ケイティと同じく裸で投票を試みたようです。

6

教訓:服は着用で投票へ

「私が悪かったわ。みんな、服を着て投票しに行ってね~!」と走り去るパトカーの中から叫ぶケイティでした。

7

「投票はドレスコードなんて気にせず気軽に行くことができるもの」ということを若い世代にアピールするために、ケイティが文字通り一肌脱いだ投票キャンペーン動画でした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 エンタテイメント Funny or Die 2016.10.24
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook