お父さんがいなくなった一家を明るく照らし見守る“電球お父さん”の心温まる物語

関西電力がWEB限定のショートストーリー「電球お父さん」を公開。顔全体が電球の電球お父さんに、娘の名前が「あかり」と、電力会社ならではのこだわりが感じられる設定で、もちろん内容も期待を裏切りません!

大好きなお父さんが、いない

小さい頃からつい最近まで、かわいがってくれたお父さん。

1

今はその姿がないことに、娘もお母さんも決して慣れることができません。ついつい、お父さんの分のご飯も用意してしまうお母さん。娘はお父さんがいない寂しさで、食欲も無くなってしまうほど深刻です。

2

お父さんとのツーショットを眺めて泣いています。

3

母に心配を掛ける娘

お父さんがいなくなり、娘の心は深い闇で閉ざされています。毎日夕ご飯の時間になっても帰って来ず、お母さんを心配させるのです。

4

電球お父さん、出現

やっと帰ってきましたが、2人は口論に。それを仲裁するかのように“電球お父さん”が現れます。

5

大好きなお父さんとの思い出を見せ、娘に素直な心を取り戻させました。

6

「お父さんがいない家にいるのがツラい」と率直な気持ちを吐き出す娘。そして「ごめんなさい」と謝る娘にお母さんの見方も変わってきます。

7

温かく見守る電球お父さん

その日を境に、娘は元気と笑顔を取り戻し、お母さんも一安心。電球お父さんも見守っています。

8

1人でいるときも、ホッとするような何かに見守られていることをうっすらと感じるお母さん。

9

娘も同じように感じているようです。

10

大切な日の訪れ

「今日、何の日かわかってる?」、「もちろん!」そんな2人の会話から始まった1日。娘が学校から帰ってくると、「最近いつもお父さんがそばにいるみたいで、寂しくなかったの」とお母さんに伝えました。電球お父さんの存在は大きいですね。

11

「ただいま~!」という元気の良い声が聞こえました。立ち上がった2人は「おかえりなさい!」と笑顔で返します。

12

海外に単身赴任していたお父さんの帰宅です。一家団欒のひとときにちゃっかり参加した電球お父さんも、安心して次に「照らす」べき場所へと旅立っていくのでした。

13

お父さんは「亡くなった」のだと思わせる演出に騙されてしまう方が多いのではないでしょうか?「衝撃のラストにご注目!」と自信を見せる関西電力のCMでした。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 素材・化学・エネルギー 関西電力 2016.09.23
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook