個性のない子どもを作る旧態依然とした学校教育のリスク… その解決策をHPが提唱

日本政府が掲げた教育現場の目標として、“2020年までに1人1台の情報端末を配布する”というものがあります。先進自治体によっては既に始めているところもあり、その目標も前倒しされているが現状です。

従来型の一方的な一斉教育は、子どもたちを無個性に…。そしてデジタル社会において、その解決策があるようなのです。

ある朝、先生が教室を見渡すと…

先生1人に対し、生徒30人。そのような教室で一方的に行う授業が、いわゆる従来型の学校の授業ですよね。すると子どもたちはどうなるかというと…。

無個性。みーんな、同じ。はたしてこれが子どもの本来の姿でしょうか?

新時代の新しい提案

すると先生が、何やらノートパソコンを取り出して来ました。

それを手にした子どもが突然別人に。個性が現れ始めます。

自分たちが興味あるテーマを見つけ出し

より深く掘り下げていくことで、学ぶ楽しさを実感します。

自分の好きな惑星のカラーを見つけ出し

それぞれが好きな惑星を作りだすことも出来ます。

そう、子どもたちは皆、違う方法で学ぶのです。


コンピューター関連の製品を扱う企業、ヒューレット・パッカードからの映像でした。

タブレット端末などによる学習では、宿題や予習復習、また分からないことを調べる事へ、より積極性が見られるというデータも出ています。分からない問題に何度も挑戦する反復学習も、紙面より効果的に出来るようです。子ども達への教育の大きな変革が、世界で徐々に広がりつつあるようですね。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 パソコン HP Education Solutions 2016.04.08
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook