ずっと消えないツリーライト。電力供給を得ない人々へ贈る、心温まるプレゼントが素敵

コロンビア北部、La Guajiraの20%ほどの地域に、電力が通っていません。それも昨年の酷い干ばつによる影響もあるとか。日が暮れた後、人々はキャンドルの灯りで暮らします。一方コロンビアの他の地域では、昨年のクリスマスにてツリーの灯りが煌びやかに輝いていました。

そこで、ある画期的な企画が考案されました。彼らの闇を照らすために…心温まる映像をご紹介します。

日中しか働けない人々

「夜は電気がないから、編み物が出来ないの。」と、とある女性。生活の糧を稼ぐにも、時間を選ばなければなりません。


猟師も暗闇の中、釣りは出来ません。

ろうそくの灯りを頼りに

そして家庭では、ろうそくが使われています。ろうそくを灯して勉強する子どもたち。ろうそくの灯りで十分なのか、目に負担はないか心配です。

ツリーのライトが輝く都市

その一方コロンビアの他の地域では、クリスマスツリーのライトが煌びやかに輝いていました。昨年は干ばつにより、電気供給にも大きな打撃があったようです。そこで考えられた施策。ホームセンターの入り口に飾るツリーの電気を、電気を持たない人々に捧げようというアイデアです。でも一体どうやって?

“Kai Tree”誕生

La Guajiraの人々は、太陽のことを“kai”と呼びます。ホームセンターから送られてきたプレゼントで、“Kai Tree(太陽の木)”を作ろうというのです。

ソーラーパネルのついたボトルで…

そのプレゼントがこちら。ソーラーパネルのついたボトルです。太陽がソーラーパネルに光を注ぎ、ボトルに光を蓄えます。そして彼らの闇を照らしてくれるのです。


“Kai Tree”は彼らによってデザインされます。みんな楽しそうな笑顔!

そして、ひとつひとつぶら下げると…。

彼らにとって初めてのクリスマスツリー(Kai Tree)が誕生しました。クリスマスが終っても“ずっと消えない灯り”です。

各家庭へプレゼント

また、数百個の持続可能な電力ボトルがコミュニティーにプレゼントされました。家庭でも、子どもたちの勉強をサポートしてくれます。

コロンビアの大手ホームセンターチェーン、“Sodimac”の映像でした。イルミネーションで大量に消費される電力。本当に電気を必要としている人々にお裾分けする、素晴らしいアイデアですね。

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 流通 Sodimac 2016.01.14
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook