博物館が純白なビーチに大変身!実は大人もやってみたかったボールプールが楽しすぎる

場所はワシントンD.C.にある国立自然史博物館。高さが48mもある天井へそびえ立つ柱がシンボルの、この博物館のホールに、100万個のプラスチックボールが敷き詰められました。サマーイベントの一貫として作られた、楽しすぎるボールプールをご紹介します。

一見普通のホールかと思いきや…

アメリカの首都ワシントンD.C.にある「国立自然史博物館(NMNH)」。ライト兄弟の作った飛行機や恐竜、動物の剥製や宝石の展示など、大人も子どもも楽しめるこの博物館に、巨大なボールプールが作られました。何だかとっても楽しそうなこのサマーイベント。

100万個のボールプールにドボン!

日焼けも気にせず、洋服のまま“ドボン!”出来るこのプール。大人も子どもも大はしゃぎです。「このプールならいくらでも連れてってあげるよ!」なんて子どもに言えそうですね。

パラソルやチェアで、まさにリゾート気分!

スナックバーも併設されており、パラソルとチェアでジュース&ドーナツを食べることも。リゾート気分満載です。

あ!魚だ!

なんと背びれをつけた大人も登場。このアメリカンなノリ、素敵です!

シンクロの練習かな?

このサマーイベントは国立自然史博物館の展示のひとつで、9月7日( 2015 年)まで開催しているようです。100万個のプラスチックボールは、展示後にリサイクルされるとか。そしてこのイベントの資金は、ネットで集められたというのも驚きです。都会の中で海水浴。これは新しい!

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 出版・アート・カルチャー National Museum of Natural History 2015.07.29
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook