『子どもってへんな生き物だ』親が思わずハッとさせられる早稲アカのCM

子どものする事に、「何でそんなことしてるんだろう?」と思うこと、よくありませんか?この映像に出てくる小学三年生のたかし君も、お母さんには不可解な行動ばかり。でもそこには、たかし少年の壮大な夢が詰まっていたのです!まずはその“へんな行動”の数々を見てみましょう。

1.狭いところに入りたがる

「行ってきまーす!」と楽しそうに、押入れに入ってしまいました。「何でそんな狭いところに入るのかしら…。」と、不思議そうなお母さん。

2.高いところに登りたがる

公園の遊具の上で、楽しそうにするたかし君。「もう降りなさーい。」とお母さん。野球をするも、「集中力がまるでない。」とため息をつきます。

3.ポケットに砂が入っている

ポケットに砂…普通、入れないと入ってません…よね?

4.ダンボールから出てこない

「宿題やったの?」と声掛けするお母さん。“そんなダンボールになんか入ってないで、とっとと宿題片付けなさい!”という気持ち、共感します。

そしてこんな驚く発言を

そしてたかし君はある日、お母さんが思いもよらないこと言い出します。

「ぼく、塾行く!理系の大学行って、宇宙飛行士になるんだ!」

でもこの発言、突拍子もないことではなかったのです。全てたかし君の行動に結びついていた…そう、彼の“へんな行動”は、宇宙飛行士という夢につながっていたのです。

たかし君の“へんな行動”を解明

まず押入れに入っていたのは、『暗闇で宇宙ロケットの発射シュミレーションをしていた』から。

ダンボールの中は…

宇宙船のコックピット。丸窓の外に、宇宙空間が広がっています。

集中力がないのではなく、他に気持ちがあるから

そして、高いところに上りたがるのは、その遊具がロケットだから。ポケットに入れた砂は、地球に持ち帰る“月の砂”。野球のボールが取れないのも、空に月がぼんやりと見えたから。たかし君の集中力は、野球ではなく月に向けられていたのです。

“へんな行動”をやっと理解できたお母さん。「母さん、ずっと応援してるからね。」と、たかし君の夢をそっと見守ります。

『本気になれば、世界だって変えられる』と唱える、進学塾、早稲田アカデミーのコマーシャルでした。“親が言わなくても子どもが勝手にしていることが、子どもが本当に好きなことだ”と何かで読んだ覚えがあります。自分が子どもの頃にしていたことを、大人の今でも好きでやっていることってありませんか?どんなに無謀に見えても、子どもの頃のピュアな夢は、大人として精一杯応援してあげたいものですね。

(参考サイト:YouTube

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
国内 教育・資格・人材 早稲田アカデミー 2015.07.03
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook