『バリアフリーの世界を創ろう!』サムソンが仕掛けたサプライズに、感極まる聴覚障害者

もし、あなたに日常生活を送る上で何らかの困難があるとしたら…世界はどう見えるでしょうか。耳や目が不自由だとしたら、世界はきっと薄い膜で覆われ、自分はその中でひっそりと孤独を感じながら生活することになるでしょう。

この映像に登場するムハレムさんは、聴覚障害者です。そんな彼に贈られた、心温まるスペシャルな一日をご紹介します。

一ヶ月の準備期間

街中のあらゆるところや、スタッフの鞄や時計にたくさんのカメラを設置。ムハレムさんの一日を映像に残す準備をします。

また、街に配置予定のスタッフに、手話のトレーニングも。どこに誰を配置するかなど、念入りな準備に一ヶ月費やしました。

ムハレムさん登場

2014年12月28日、朝8時、トルコのイスタンブール。いよいよ、その一日が始まります。何も知らずに妹と出てくるムハレムさん。妹さんには内容を伝えてあります。 

街の人々と手話で会話

前から歩いてくる男性が、「おはよう!」と手話で話しかけてきます。「何かいつもと違うぞ?」と感じるムハレム。

オレンジゴロゴロ…

内線で「来るわよ!」と指示を受けたスタッフ。ムハレムが来るタイミングよく、わざとオレンジの山を崩します。そしてそれを拾うムハレムは、再び手話で「ありがとう。お礼にりんごをどうぞ」と、りんごを手渡されます。「彼は聴覚障害者なのかな?」さっきのパン屋さんも手話で話してたし、偶然が続きすぎやしないか??…と、ナゾも深まります。

タクシーの運転手さんも

そして乗り込んだタクシー。運転手さんも滑らかな手話でムハレムに話しかけます。嬉しそうなムハレム。懐疑的だった心も、スムーズなやり取りにほぐされてきた様子です。それはまるで、孤独な壁が一枚ずつ剥がれ落ちるよう。

スクリーンからも…

そして最後は、巨大スクリーン。そこに映る女性がムハラムに手話でこう、話しかけます。

バリアフリーの世界は、私達の夢でもあるのです。

「そうなったらクールだ!」共感するムハレム。

するとどこからか街中にいたスタッフが集まってきます。“バリアフリー”というサプライズな一日をプレゼントしてくれた彼らとハグ。目にはうっすらと涙も。聴覚障害の彼にとって、皆が手話で話しかけてくれることがどんなに嬉しく、温かかったことでしょう。


サムソンのトルコでサービスがスタートした、ビデオコールセンターのCMでした。ビデオトークが可能になった今、テクノロジーの進化で“バリアフリーな世界”の実現に、一歩ずつ近づいているようです。

(参考サイト:CreativeCriminals

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
海外 デジタル製品・家電 サムスン 2015.03.03
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook

エリア 業種 企業名/ブランド名 投稿日
FacebookでBuzzGangの
最新情報をチェックしよう!
Facebook